NEWSLETTER

If you've ever been frustrated with a board you riding, or think you might be surfing it to less a degree than for what it was designed. Sign up here for stories, event details, specials offers and details of design in the boards.  Your details will not be shared, welcome to the conversation. DB


San Clemente, CA
USA

These boards are all hand made embracing good design to have you best Enjoy Your Water.

Japan

All Japan orders through M&M California Classic click here to contact


Japan order ikigai collection

南アフリカという国は日本から随分遠く、多分ほとんどのサーファーが行こうともあまり思わない国だと思うし、(あなたがレギュラー フッターならちょっと話は違うかもしれないけど)J—Bayというポイントの名前は聞いた事があっても、どんなサーファーが居て、どんな波が割れているの か、ほとんど知らないと思う。でも、こんな名前を聞いたらちょっと興味が出てきませんか? ショーン トムソン、マーティン ポッター、ジョーディー スミス、
それにブレンダン ギイボンズ。
彼らのサーフィンの過激さから考えて、このサーファー達がどれだけ良い波、パワフルな波に乗って育ってきたのか、という事は想像がつくでしょう?
アメリカ、ヨーロッパに続いてサーフィンの歴史の長いこの国は、沢山の素晴らしいサーファー達を育てて来たし、素晴らしい波が沢山立つ。という事は当然沢 山の素晴らしいシェーパーも 居る。単純に日本からあまりにも遠い為ピンと来ないだけ。一度トリップ プランを練ってみるのも悪くないですよ。 ドナルド曰く、ハワイのコールド ウォーター バージョンだ、という事なので、日本製のウェットさえ持って行けば、空いたポイントで素晴らしい波に遭遇事がギャランティーなのだ。

沢山居るサーファーやシェーパー達の中には、アメリカに移住しているメンバーも多い。アメリカの西海岸のサーフカルチャーは移住組に寛容だし、不思議な事 に南アフリカのサーファー達はビジネスに長けて居る人が多く、オレンジ カウンティーの南側、ラグーナ ビーチにはそういうメンバー達のコミュニティがあるくらいなのだ。

ドナルドはサンクレメンテに住んでいる。彼はビジネスを求めてカリフォルニアに住んでいる訳では無いが、もともと身を置いていた音楽の世界でアメリカに来 て、出会った彼女がサンクレメンテだったそうだ。今では結婚し、二人の子供とリラックスしたサンクレメンテ ライフをエンジョイしている。

子供の頃からケープタウンの近くのビーチタウンでサーフィンをして育った彼は、すでにボードビルダーとしての基礎を固めて居たが、今でもシェープルームを 持つダナ ポイントで テリー マーティンのもとでシェープを始めた事が、今の彼のシェーパーとしてのベースを作っている。また、最近ブレンダン ギボンズの乗るボードとして人気を集めているDVG Shapes のデビッド バン ギンケルは、南アフリカで彼がシェープをスタートするきっかけを作ったシェーパーだそうだ。

彼はとても器用で、なんでも自分で考え、ゼロからものを作り出してしまうタイプ。シェープからグラス、ウッド フィンからカーボン ファイバーまで、ボードデザインに必要だと思える素材なら何でも取り入れて加工し、美しいサーフボードを作り出す。影響を受けたシェーパーは沢山居るけれ ど、誰かの下でシェープを習った事は無い。その為か自分で考え、方法を模索し、作り上げる能力を研ぎ澄ます事になったのかもしれない。シェーパーというよ りはアーティストの感性に近いものを感じる。彼からこんな言葉を聞いた事がある。
“アートっていうのはそれがどう見えるか、という事よりもそれを見たあなたがどう感じるか、っていう事が大事。サーフボードなら見た目よりも乗り心地の方が大事なのと同じだよ”
だからという訳では無いだろうが、彼のサーフボードは決して他のボードビルダーのそれと比較しにくいものだ。この数年彼が傾倒しているのが非対称ボードのデザインである事もこれに拍車をかけているのかもしれない。

blue magazine Japan